スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月18日 NAOの活動日記 ~仮設へ~

みなさま、いつもご支援ありがとうございます。なおです こんばんわ。
震災から100余日経ちましたが、今朝も緊急地震速報がでました。
まだまだ落ち着かない日々が続きます。

さて、先週末ですが、石巻は万石浦の仮設住宅に無料バザーをしに行ってきました。
今回参考にしたサイトがなかなかよくできてて、
津波の被害を受けたエリアや、仮設住宅の位置はもちろん着工日まで調べられます。

 東日本大震災(東北関東大震災)専門サイト→http://ranasite.net/  

大きな地図で見る

 んで今回のメンツは新潟からのスペシャルゲストPさんを迎え、総勢8名。
今回はハイエースをレンタルして、がっつり荷物を詰め込んで行きましたよ~
まず向かったのは万石浦公園の仮設住宅。
DSC7860
DSC7860 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
ここはあまり質がよくないとこみたいでした…
人気もないような雰囲気でどうなんだろう?と思いながら、邪魔にならないところに車を止めて
荷物を下しして店開き。
DSC07857
DSC07857 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
するとぼちぼちと人が集まり始めて、気が付けば結構な人だかり
DSC7866
DSC7866 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
やっぱり、なかなか着るものに不自由してたみたい。
お父さんたちも熱心に服選びしてたしね。
肌着とかもかなり、喜ばれてました。
あと洗剤もと飛ぶようにはけてきましたねぇ。

一区切りついたところで場所をかえて、
今度は宮城水産高校第2グラウンドに建設された仮設へ。
DSC7879
DSC7879 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
DSC7883
DSC7883 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
こちらの仮設はまだましかなぁ?
棟によっては、スロープ付きでバリアフリーの構造に
なってました。
こちらも、人気があまりなかったんですが、
向かい合わせになっている仮設にも声がけして店開き
おばあちゃん方の元気な笑い声にこっ励まされたなぁ。

んでここからは個人的な雑感です。
どこまで書いていいのかなぁと考える部分もありますが・・・

まず仮設に入ったらもう大丈夫…ではないということ。
最初に行った万石浦公園の仮設住宅で
歩行器に掴まってやっと移動できて目も弱ってしまったおばあちゃん
声をかけて物を探して、持っていって上げたんです。
そのおばあさんから聞いたこと・・・
まずは買物には行けないので、生協が回ってきてくれるので
それでなんとか澄ませている。
段差が大きいので家に上がるのも大変で、
家の中も段差だらけでトイレに行くのも大変。
お風呂も滑りやすいので靴下を履いたまま入ってるとのこと。
あと月に3~4回、日赤にいかなければならないが
タクシー代が片道3500円くらいかかってしまうとのこと。
戻ってから知ったんですが、各避難所から無料バスが
出てるんですよね。必要な人に情報が届いてない。
仮に知っていたとしてもあのおばあちゃんがバスで移動ってのは
かなり大変だと思う…

そして、宮城水産高校第2グラウンドで
ひょんなことからラックを組み立てあげることになった 
お母さん…
収納がほとんどないので買ってきたんだとか。
んでもねぇ、年配の方が、組み立てるのって
かなり無理がありますよ…
お金も多少は降りたけど、必要なもの買ったら
あっという間になくなっちゃう…

仮設に入ったらもう大丈夫…なんてことは
絶対にありえません。
まだまだ支援は必要です!

んでもう一つ
これはあんまり書きたくないというか
本当にかなしいことなんです。
今までの活動の中でも貰いぐせがついちゃってる方を
見かけることがありましたし、配給所を運営されていた方から
そういう話を聞きました。
そして、今回もいらっしゃったんですね。
車で乗り付けて、でっかい袋持って何度も何度も車と往復し、
服をサイズで分けて、入れてあった衣装ケースも
中身をぶちまけていくつも持っていこうとする…
車の後部座席は荷物であふれてました…
そんなに持って帰ってどうするんだろう…
あまりこんなことは書きたくないんですが、
これも被災地の現実です。

だけどね。たくさんの人たちに
「ありがとう。またきてね」って言われてきました。
まだまだ、支援が必要です。自立なんてまだまだ先の話。
皆様のご支援引き続き、よろしくおねがいしますね!

んでやんべさんがmixiの日記にレポをアップしてるので
mixiに登録してるかたはこちら↓をどうぞ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1740773147&owner_id=4905565&comment_count=2

それと我らがお嬢もつぶやいてるので転載しときます。

万石浦付近仮設住宅にて。買い物に行けない1人住まいの高齢者、主を亡くした家族多し。生野菜の支援が2回来たらしい。避難中にもらった僅かな服とスニーカーの為、慰霊祭にも法要ににも行けず。取りまとめるコミニティーはないが協力し合って生活しているとの事。届けた物資も分け合っていた。続く
9:17 AM Jun 20th ついっぷる for iPhoneから

続仮設住宅。市内または近郊に親戚がいる方は、生活用品などを運んで貰えるが、そうでない方はとても苦しい。遠くからラックを買って来ても組み立てに頭を抱えている。比較的買い物する場所が近いのが救いだそう。しかし義援金は未だ払われていない。
9:22 AM Jun 20th ついっぷる for iPhoneから

家は修繕が終わり通常生活が出来るのに、もらいグセがついてしまい、使いもしない物資を溜め込んだり売買するとある方々に毎回遭遇する。「仮設住宅は家電とか貰えるんだから、なんか頂戴よ!」...なら仮設住宅申し込めば良いのに。それじゃあげたくてもあげられないよ。支援って難しいわぁ。
9:38 AM Jun 20th ついっぷる for iPhoneから

でもそうゆう人もごく一部です。相変わらずみんな困ってますね。沿岸部も...そうでない被災者も。 以上報告終わり。
9:40 AM Jun 20th ついっぷる for iPhoneから




 

石巻にて・とある被災者の声

昨日は石巻市の日和山の麓にある永厳寺というお寺に行ってきました。
001
001 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
石巻市街地も大分がれきは片付いてましたね。

002
002 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑永厳寺の入口。ここま最初に来た時は瓦礫でここ通れるのって状況でした。

今までにも日記に書いてきましたが、
ここは自然発生的に避難所となった場所で、
友人が避難していたことからご縁ができた場所でした。
その後も、配給場所、入浴場所となっていました。
そこも配給所としては5月いっぱいで終了ということ。
これを聞いたので、姐さんを連れていってきたわけです。
当初よりも永厳寺につめてる人も減り、
さみしくなっていましたが自分の事ができるようになったというのは
本当によかったなぁと思いました。

ちょうど着いたとこで佐川さんが支援物資を運んできました。
たいして役には立たなかったけど荷下しをお手伝い。
003
003 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
004
004 posted by (C)なお@CTU-SENDAI

 
永厳寺のアイドルももちゃん
006
006 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
そして、自らが被災しながらこの避難所を取り式ってきた出羽のおとうさんから聞いた話。
013
013 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑いい男でしょ♪ その眼差しからは復興へ向けた強い意志を感じました。

多い日で187名が来た。その内半分がホームレスだったり、
耳聰く遠くから貰いにきた人たち。
たしかに、全てを流されて、その日の食べるものに困ってる人たちもいるが、
近所では八百屋が営業再開したりと少しずつ商売を再開し始めてる。
そういった状況の中で、コミュニティーとして、
こういった配給所を続けることが果たしていい事なのか?
仕事で外のお客さんに会った時に、もう2ヶ月半も経つのに
あんたのとこは何をやってるんだと言われた。
もうそろそろ動き始めなければ、石巻が再び立ち上がる力がなくなってしまう。
食べられるからとりあえずは大丈夫というこの状況に甘えていてはだめだ。
この辺りは支援の手もだいぶはいって、比較的恵まれている。
はやく自分たちが立ち上がって、まだ困っている人たちの手伝いをしなきゃならない。
支援に来てくれる人たちももっと被害がひどいところにシフトしていくべきじゃないか。

と、要約するとこんな感じ。
まだ立ち上がれない、そこまでたどりつけていない人たちがたくさんいるのも事実。
だけど、こうやって立ち上がろうとしている人たちもいる。
永厳寺で頑張ってきた人たちも早く日常を取り戻せるように願ってます。

そして、僕たちは自分のできる範囲で出来ることを継続します。
引き続きのご支援をよろしくお願いしますね。

5月15日 NAOの活動日記 ~渡波駅前にて~

いつもご支援ありがとうございます。下僕の一人、なおです。
というわけで昨日、5月15日の活動を写真をメインにお送りしたいと思います。
昨日は気持ちよい晴天でした。女性陣は日焼け対策が大変だったみたいですがね。
001
001 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑まずは出発前のミーティング。今回も12人?くらいの大所帯。
なんと今回はしおりもありました。
っつーか、この写真を撮った瞬間、写真とってる場合じゃないよと
某お嬢に叱られましたが、そんなことではめげません(笑)

んで5台の車に分乗して、いざ石巻へ! 
今回は運転しなくていいので楽ちんでしたよ~
(冠水地帯につっこんでいったり、バッテリーあげかけたりしたので
運転手くび…orz)

↓渡波駅前での準備風景。今回は衣料・生理用品・食品などなどの
物資と冷たいお茶、冷たいゆず茶、珈琲と果物・お菓子のサービス、
ほっとする時間も持ってもらおうということでした。
003
003 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
004
004 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
005
005 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑ひたすらいちごのヘタ取りとバナナのカットに勤しむ。やんべさんとその愛人w
006
006 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑オープン直前。かなりの行列ができていました。
007
007 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑んでいよいよオープン!
008
008 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑かずま君。下僕たちの中では一番の働き者! よっ 色男!
009
009 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑休憩スペースの風景。ちょっとの間でもほっとする一刻を
もってもらえたかな?
010
010 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
011
011 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑東京からのイケメン3人組み♪ アメリカンなピックアップで遠路はるばる来てくれました!
012
012 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑今回は休憩スペースでたこ焼き(たこの代わりにソーセージでしたがw)をお出ししました。
013
013 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑そして、つなぎが似合うもこふわくんw
014
014 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
↑なぜかよってたかってたこ焼きを焼く下僕たち
016
016 posted by (C)なお@CTU-SENDAI
そして、ラストは集合写真♪ さくちゃんがほとんど写っていない件w

というわけで今回も写真で15日の活動の様子を振り返ってみました。
今回も必要としている方々のところに物資をお届けできたと思います。
休憩スペースも大盛況でしたしね。
参加者の下僕のみなさま、大変お疲れ様でした。

そして協力者のみなさま、引き続きのご支援よろしくおねがいしますねぇ

あの日から2ヶ月「ともに 前へ」(NAO)

こんばんはNAOです。お嬢もやんべさんも更新しないので… なんちてねというわけで雑記です。

東日本大震災から今日で2ヶ月が経ちましたね。
なんだかあっという間の2ヶ月の様な…随分長かった2ヶ月の様な・・・
3月いっぱいは何も手につかずぼーっとただただ過ぎていく時間をやり過ごす様な毎日だったな
少しずつ震災前の生活にもどっていく街に安堵を覚えながら。
何か出来ることはなにかと思いながらも、毎日毎日テレビで放送される沿岸部の被害状況は
どこか遠くの出来事だった・・・

そんな時にきっかけをくれたのは付き合いも気が付けばながくなったあねき分のしゃお。
4月2日に気仙沼に運転手として入りました。行きは東北道を使って一関回り。
津波をかぶった地区に入った時に感じたあのものすごいホコリっぽさはきっと一生忘れられない。
だけど、そこで出会ったピースジャム気仙沼の佐藤さんから勇気をもらいました。
帰り道は45号線を歌津まで沿岸を走りました。ただただ、その被害の大きさに圧倒された
目の前の、自分の目で見てる風景なんだけど、まったく理解ができなかった。

この気仙沼行きをきっかけに、毎週末どこかしらに行くようになって、色んな出会いがあって、
仲間が増えました。
いやなこと、気の滅入ることばっかりじゃない。
今もまだ行方不明の方も沢山いらっしゃいます。原発も先行きが不透明・・・
そして、なんだか緊急支援の時期は終わったような空気が出来上がりつつあるような気がしますが、
まだまだ食料をはじめとする救援物資を必要とされている方々がたくさんいらっしゃいます。

まぁ、あれです。動ける人ができる範囲で出来ることをすればいいんだと思いますよ。
というわけでおいらも引き続き、出来ることをやるつもりです。

というわけでまったくまとまりがない感じですがこの辺で。

最後になりましたが、亡くなられた方々、未だ行方不明の方々に哀悼の意を表して・・・

お嬢。活動日記。鳴子の話。

めんどうくさいからゆうこ嬢からお嬢に変更w。
すいません、怠惰で。

今回の支援先は鳴子です。
鳴子温泉郷は宮城を代表する素晴らしい温泉地☆彡
ここに、南三陸町や女川からおよそ1000人の方が避難をしており、大崎市鳴子地区にて受け入れているそうです。

支援は明日。
後方支援、自宅避難者支援の我々や他連携部隊が自治体さんとからむのは...初です。

それというのも、只今GWにて宮城沿岸部はボランティアセンターに電話が繋がらないほどの大盛況ぶりでして...
ボラさんや自衛隊、物資運搬の方などたくさん入られているので、撤去作業の邪魔にならない方法を探していた所、

まさかの鳴子!!
鳴子で衣料が足りないなんて...全然知らなかった!!

で、対策課の横谷さんという大変ご親切な方と待ち合わせの上、物資を搬入を予定。出来れば可能な限り仕分け等をお手伝いさせて頂きます。

皆様から頂きました子供衣料は、個別包装して、サイズ分け。
中古大人衣料、高齢者衣料は種別仕分けして梱包。
風味堂様からの新品女性衣料は種別毎に分けたので、現品を見て頂いてから可能な限り受け入れ。
という形になります。
エプロンやスカーフなども持って行きます☆彡

食品、靴など余力物資は、次回また石巻沿岸部等へお届け☆彡

詳しいお話は現地で聞かせて頂きますが、沿岸部被災地とはまた違い、ホテルや旅館、仮住まいなどにいらっしゃるようです。
確かに暮らしは被災地よりは快適かもしれません。それでも受け入れる側は...物資を揃えるのも大変なご様子。

ましてや観光地。ただでさえ過去の地震の影響で被害のあった地区!!今後の被災者の暮らしだけではなく、生活する人々にとっても苦しい状況かと思います。


被災から2ヶ月になろうとしていますが、「困ってない人」なんていないですね。
例えばですがお金持ちの方でも、マンションの修繕費や会社の立て直しで頭を抱えています。
行政の方は対策に追われています。
交通もようやく回復したばかり。
仙台市の学校へ通う子供達の給食はパンと牛乳だけだったし、親は余震の不安を抱えてます。
私は引越しを迫られているし(笑)罹災手続きもめんどくさーい!!不動産ないしー!!

私は地元宮城県の一個人として...心苦しく思います。
でもあたしには助けて来れる友人も沢山いるから、本当に嬉しいです☆彡

みんなありがとう!
愛してるぜベイベー!!

なので、鳴子いって来まーす☆彡
物資と仕分けと...ピクニックのような楽しい気分を引っさげて☆彡

行ったらまた書くよん。
プロフィール

Talleyrand/タレイラン

Author:Talleyrand/タレイラン
宮城/仙台のバンド「タレイラン」のゆうこ嬢が細々とやっております震災衣料支援「チームお嬢」の活動を綴っております。

心優しきバンドメンバーや熱い仲間達で日々運営しておりますので今後もどうぞごひいきに。

お金をあまり使わずに、皆様のお暇と余力を貸していただけたら幸いです。

ブログスタッフ変わりまして、現在当方ゆうこのみとなっております。お問い合わせ等の返答遅くなっておりますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
............................

Talleyrand/タレイラン

vo,ag, Yuuko
eg, Saku
per, Jigen
dr, Kotobuki

ベースレスという一風変わったカルテット。アコースティックを中心としたコンボで、懐かしいような新しいような「人恋しくなる音楽」をお届け。

支援隊では当方を、サクが活動全般、次元が倉庫提供、寿が仕分けやフリマを担当して支えてくれております。

1日も早く被災した皆様が健やかな日々を過ごせるよう。
何かしたいと思う皆様の願いが、実りますよう。
微力ながら中継ぎ業者的なお手伝いを。
............................

■現在ライブ情報はありません

............................

■終了しました


◆2011年9月4日(日)
「みちのく音楽魂」

............................

Talleyrand/タレイラン Twitter↓↓↓↓

@madamjayco
ゆうこ嬢&支援情報アカウント

@talleyrand666
主にサクが使用。バンドアカウント。

............................

メールマガジン&支援お問い合わせ総合
madam.jayco@gmail.com
担当:板橋

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。